CAMは、コンピュータ支援製造という意味を持つソフトウェアです。このソフトウェアを使用することにより、工作機械を操作するための加工プログラムを作成することが出来ます。工作機械へと直接的に入力することによって、プログラムを作成することも出来ますが、CAMを使った方がより素早く正確な加工プログラムを作成することが可能です。

パソコンで仕事をしている男性

加工にかかる予想時間を算出できるので、見積の作成をするときにもうってつけと言えるでしょう。自由曲面の加工や多軸加工など、直接入力では対応することが難しい加工に対応できることもCAMのメリットです。そのCAMで加工プログラムを作成する前に、CADで設計図面を作成することが多くなっています。

CADはコンピュータ設計支援を意味するツールです。このツールを開発されるまでは設計や製図は手作業で行われていました。これを使うことにより、設計や製図をコンピューターで行うことができ、設計や製図にかかる時間や手間が大幅に減り、実際の現場での作業効率が格段にアップしました。自動車、スマートフォンなどの製品はCADを使って製造されています。建築用や建築設備用に特化したものは専用CADと呼び、分野を問わずに活用できるものを汎用CADと呼びます。

図面を作成するときには線の太さを均一にする必要があります。これを手書きで行うのは非常に難易度が高いことでした。CADを使うと線の太さを簡単に均一にすることが出来るので、難易度は大幅に下がっています。修正がしやすいことも大きなメリットです。

手書きの場合は線を1本消すだけのつもりでも、周りまで消えてしまうことがあります。CADの場合はコンピューター上で修正する箇所を選択するにより、周りに影響を与えずに修正することが出来ます。CADで作成した基板や図面はデータとして保存することが出来るので、すぐにインターネットを使って共有することが可能です。1つの図面や回路を複数の人物で共同作業出来る点も大きなメリットと言えるでしょう。

一度作った回路や基板については、コンピューター上で保存しておくことによっていつでも確認することが出来ます。昨今では3Dバージョンも使われるようになっています。立体的に製図を行う必要がある場合は3D、その必要がないときは2Dと使い分けられているのが特徴です。コンピューターのメモリの領域にとっては2DCADしか使えないケースもあります。

CAD/CAMで何ができる?