CAD/CAMソフト「OrCAD PCB Designer」とはどんなソフト?

パソコンで仕事をしている女性

OrCAD PCB Designerは、階層的かつ拡張性が高いCAD/CAMソフトです。高い水準のPCB設計ソリューションが反映されているので、優れた機能と統合フローを実感しやすくなっています。

CAD/CAMソフトであるOrCAD PCB Designerの大きな特徴としては、インテリジェントなプリント配線編集が用意されていることが挙げられます。プリント基板の製造において欠かせない機能が搭載されていることはもちろん、無駄のない配線がなされています。自動および対話式の編集と配置により、生産性を最大限まで向上させることが出来ます。

OrCAD PCB Designerには、コンストレイン管理の機能もあります。フィジカル、スペーシング、ネットなど、それぞれのルールをリアルタイムで検証していきます。ルール通りに製造する仕組みになっているので、事前に製造上のルールを設定しておくことが有効です。

OrCAD PCB Designerでは様々な機能群と密接なアプリケーション統合を実行しています。その結果、短時間で次のタスクに進むことができ、データの整合性を確保することが可能です。インテグレーションと生産性の両立を実現していることも特徴と言えるでしょう。また、将来のことも見据えた高い拡張性が搭載されており、将来的な技術的課題にも対応することが出来ます。最大限の投資効果を発揮するように機能が調整されていることもメリットです。

OrCAD PCB DesignerにはいくつものRATSオプションが搭載されています。法人、個人、職種などによりプリント基板に求めるものが異なることもありますが、このオプションを利用することによって幅広い対応が可能です。OrCAD PCB Designerではシェイプの接続や作成も行えます。ダイナミックなシェイプを生み出すことで一層の効率化を図れる可能性があります。ダイナミックシェイプだけでなく、スタティックシェイプに対応していることも特徴です。

基板作成の初心者の方の場合、ダイナミックとスタティックのどちらが良いか判断できないケースも起こり得ます。その場合でもOrCAD PCB Designerが適宜判断してくれるので問題はありません。基板レベルの解析機能も付いています。複数のシミュレーションを迅速に実行して、総合的な評価レポートを生成することが出来ます。曲線の配線を作成できる点もメリットです。