CAD/CAMソフト「OrCAD Capture」とはどんなソフト?

OrCAD Captureは電子回路の作成などの分野において、非常に広く使われている回路図設計ソリューションのひとつであり、CADCAMソフトとして活用されています。部品データの管理も簡単に行うことができ、個人でも法人でも使いやすい機能の数々が搭載されているメリットもある、製品開発を強力にサポートしてくれるCAD/CAMソフトです。

OrCAD Captureの大きな特徴はパワフルな回路図入力の機能にあります。階層や再利用、バリアントデザインなどの機能が搭載されており、複雑な回路図の設計も効率的に行うことが出来ます。部品データ管理においても幅広い仕組みを活用できます。OrCAD Captureに搭載されているシステムのなかでも、とくに部品データ管理に役立つのが、コンポーネント・インフォーメーション・システムです。このシステムを統合することによって、設計プロセスに必要な時間を大幅に短縮することが可能になっています。プロジェクトのコストを削減したいとかんがえる方にもぴったりと言えるでしょう。OrCAD Captureの設計フローは統合化されています。マルチCADネットリスト・インターフェイスを利用することにより、利用の拡大や標準化を実現していることもOrCAD Captureの特徴です。

OrCAD Captureには複数のPCBのサポートがなされています。一般的なフロントエンドソリューションとしても標準化することが可能なので、これまではほかのソフトを使用していた方も使いやすいと言えるでしょう。OrCAD Captureの環境をカスタマイズすることによって、利便性を一層高めることも出来ます。ソリューションやフローを自在に作成できる点もメリットです。OrCAD Captureには使い勝手と生産性を向上させる仕組みもあります。設計タスクを実行する際には時間がかかるのが一般的なツールの特徴でしたが、OrCAD Captureにおいてはその点が大幅に進歩しています。本来長い時間のかかる作業でも最低限の時間で実施出来るようになります。インテリジェントなPDFを作成することが出来るのも特徴です。

OrCADには、ライト版もあります。ライト版は少し機能に制限がかかるものの、操作感に大きな違いはありません。まずはライト版で試してみて、良さそうならば通常版を購入するという方法もあります。初心者から上級者まで使いやすいソフトです。