CAD/CAMソフト「Circuit Designer」とはどんなソフト?

Circuit Designerは回路図を製作する際に特に使いやすい特徴を持つCAD/CAMソフトです。電子回路の図面を作成、編集したいという方にうってつけとなっていて、利便性の高い機能を多く持ちます。Circuit Designerの便利機能の1つが自動結線と束結線を繋げられる機能です。2つのピンをクリックするだけで障害物を回避しつつ、自動的に線を結ぶことが出来ます。また、束結線によって一括で結線を行うことが出来る点もメリットです。部品やピンを移動する際には接続済みの結線が切れないように、自動的に結線を補完する仕組みがあります。これにより、自動的にうまく滑るようになっているので回路図作成の際のミスを減らすことが出来ます。

Circuit Designerにはデバイスブロックのシステムもあります。デバイスブロックとは、過去に作成した実績のある回路図をブロック化して保存する機能であり、新しく設計を行う際にそのデータをプロジェクト間で使用することが出来ます。この機能を活用すれば大幅に効率化をアップすることも可能となります。Circuit Designerでオブジェクトを選択すると、そのネット接続情報が表示される仕組みになっています。このおかげですぐにどのような接続状況にあるのかもすぐに分かります。回路設計者の意図は各種設計指示内容データに入力することが出来るので、多数で同時に作業を進めていく場合にもCircuit Designerは使いやすいと言えるでしょう。部品がなくてもクラウドサーバー上で共有することが可能となっています。

Circuit Designerには部品検索の機能も付いています。部品のファイル名や属性、お気に入りといった条件を設定することによって、部品をどんどんと見つけ出すことが出来ます。ピンの名称や属性といった部品の情報はテキストエディタやExcelから貼り付けることも可能なので、素早く進めたい方にもぴったりです。回路作成の上で異なるいくつかのGNDを1つにまとめたいという方も少なくありません。そういった方にとって便利なのがCircuit Designerの一点接続機能です。この機能を活用することで目視チェックの時間を減らすことも出来ます。配線作業の時間短縮を行える点も大きなメリットと言えるでしょう。回路図の作成が初めてという方も比較的簡単に使えるCAD/CAMソフトとなっています。