CAD/CAMソフト「Altium Designer」とはどんなソフト?

Altium DesignerはPCB設計の要素を連携出来るCAD/CAMソフトとなっています。変換ツールを用いて他社のツールチェーンから簡単に移行できるという特徴を持ちます。

Altium Designerで作成したプロジェクトには全てのドキュメントと設定へリンクで構成されていて、出力設定のリストが格納されている点もメリットです。プロジェクトに関連付けているドキュメントと、そうでないフリードキュメントを使い分けることでCAD/CAMソフトとして効率的に使用することが出来ます。Altium Designerのプロジェクトをコンパイルすることで行える動作が一気に増えます。

具体的にはデザインの検証やファイル間の同期、比較などを実行することが出来ます。オリジナルの回路図やPCBなどを変更した場合、特別な操作をしなかったとしてもコンパイル時に更新されるようになっています。この仕組みにより、効率的に使用することが出来る点も魅力です。

新規回路図シートをプロジェクトへ追加する際にもAltium Designerは非常に便利となっています。非安定のマルチバイブレータの回路を設計することが出来るので、これまでに回路図を作ったことがなかった方も安心して使えるのではないでしょうか。プロジェクトパネル上にはファイルが多数表示されます。あとはファイルを選んでいくことでどんどんと作業を進めることが出来ますが、Altium Designerではドキュメントオプションを設定することで一層利便性を上げられる仕組みもあります。ドキュメントオプションにはシートサイズも含まれています。全体的な回路図のプリファレンスも設定できるので、大まかな部分と細かい部分の両方を自在に操作可能です。

Altium Designerでは回路図シンボルの管理も実施できます。回路図のエディタには高度なライブラリ検索機能が搭載されていて、自分の使いたいエディタをすぐにでも見つけることが出来ます。オーソドックスなエディタについてはデフォルトで設定されているので、検索を行わなくても使うことが可能です。ダイアログオプションにはフィルタ、フィールドなどの設定が含まれます。この内容を確認しながらエディタを使うことで、安定した使用が可能となります。登録されていないライブラリのコンポーネントを選択した場合には、その配置までに登録するかどうかを決定出来る仕組みになっています。