CADオペレーターの仕事内容は?設計者とはどう違う?

デスクトップパソコン

CADオペレーターはCADの操作を行う仕事を担います。設計士やデザイナーなどの指示に合った通りに図面を作成、修正していきます。設計士はどういったデザインにするかを決める仕事をしているため、CADオペレーターとは仕事内容が異なります。

CADオペレーターは原則として自ら設計を考えるのではなく、あくまで指示に従って業務を行います。CADオペレーターはCADを自在に操る能力が必要となります。設計士やデザイナーが考えたデザイン通りに図面を作り上げることが出来るかどうかが最大のポイントと言えます。また、設計士やデザイナーとコミュニケーションを取り、要望を聞き取ることも重要な業務です。

CADオペレーターの仕事内容は担当する製図によって変わりますが、どの分野においてもある程度共通している要素があります。それは設計図を正確にコンピューター上に落とし込むということです。建設、輸送機器、製造業などいずれの現場に従事したとしてもそのことに変わりはありません。それゆえにCADオペレーターとしての技術を磨くことは幅広い分野で活躍することにも繋がります。

CADオペレーターは技術職に含まれます。それゆえに経験を積んでいくごとに技術がどんどん高まっていきます。スキルアップを目指す方にもぴったりと言えるでしょう。技術を裏付ける資格として検定試験が用意されています。加えて建設士などの資格を取ることにより、一層活躍の場を広げることが出来ます。CADオペレーターとしての技術を生かし、家具や製品のプロダクトデザイナーとして活躍している方もいます。

CADオペレーターの仕事内容は時代とともに変化しています。製造される機器も高度化しているので、CADを高いレベルで操れる能力が求められます。技術を習得するのは容易なことではありませんが、一度一定の技術を習得することが出来れば、たくさんの仕事を受けることが出来るようになります。変容していく製造業の状況に合わせて柔軟に対応していくことも大切です。

近年では3DバージョンのCADも登場しています。3Dバージョンは従来のものより、操作の難易度が高いので使いこなせるまでには時間がかかるかもしれません。しかし、使いこなせるようになれば、それまで以上にCAD上で多彩な表現を行えるようになります。このように機器の進歩につれて出来ることが一層増えていくこともCADオペレーターのやりがいの1つです。